いくら好物でも料理のしやすさとかでメニューは変わってくる。

私は魚料理好きなのですが、調理しにくいという点から、食卓に上らせるのが難しいです。

肉料理を作るのと魚料理を作るのではどちらのほうが作りやすいのか。
休日にはやはりいいものを食べたいと思う私ですが、
いくら食べたいものがあっても
その料理が作ることの困難なものであったなら
どうも作ることをためらってしまいます。

私は基本的に和食が好きなので、魚は大好物です。
しかし、魚の料理は自分で魚を調理できる段階にまで
持っていかなければなりません。
さばくことができないわけでないのですが…。
その点、肉は買った時にすでに調理できる段階にまで
加工されているので、料理がしやすいです。
しかも似ても焼いてもどちらもおいしいとくるので、
何か困った時には、肉に助けをよく求めます。
それならば、あらかじめ調理された魚を買えばいいという考えも出ましたが、
既製品はあまり受け付けられない。
自分でもめんどくさい性格であると思います。
最近魚をさばくことのできない若者が多いと聞きます。
将来のためにも魚をさばける能力は
このまま保持し続けます。

そんなことで、日常の中で豪華な料理を作るとしたら
私の中では調理のしやすく、しかもおいしい肉料理が
主になっています。
友人たちも喜びますし。
しかし、今のその体制から一歩踏み出し、
今後は魚料理の道も極めていきたいです。
皆さんはどちらの料理のほうが得意ですか?
また、どちらの料理が好きですか?
私は、お祝いするならば肉料理!
日常で食べるならば魚料理が好きです!
どちらもしっかり食べて健康に心がけた食生活をしていきましょう。