長時間パソコンを使うと脳発育に障害する

現代社会が高速で発展するため、パソコンはますます生活の一部分になって、国民の生活や勉強、仕事など、全部パソコンが必要となっています。

子供は3歳までパソコンの使い方を学ばないと、将来仕事を探しにくいでしょうと考えている人がたくさんいます。
それに、こんな考え方を持っている人が増えています。

しかし、アメリカの家庭教育専門家、教育心理家は研究により、7歳以下の子供にパソコンを接触させないほうがいいとおっしゃっています。
パソコンは子供の脳発育に大きな障害があるから、親たちが子供のパソコンを使う時間を制限すべきです。

パソコンは、子供の注意力、言語力、体の機能の発育、他人とのコミュニケーション能力などに悪い影響があるからです。
あくまでもパソコンは道具であるという認識を持たせたいものですね。

便利だから絶対に使いこなさないと生きていけない、とまで思い詰めている人もいるようですが、非常に依存心が高く見えて、正直、怖いですよね。
使いこなすための利用は、目的がなくいじっているのと同じです。

もしくは独り善がりの便利さを求めてしまい、他人と少しでも意見の食い違いが見られると、猛然と抗議し出すという狭い範囲でのモノの観方に終わります。
コミュニケーションはパソコンがなくても可能ですが、あれば便利であるという考え方ですね。

パソコンが無ければコミュニケーションが取れない、という考え方は、少しズレているのではないでしょうか。

パソコンは初心者でインターネットも始めたばかり

知らないと言うことは怖いもの知らずなんですよ。
きっかけはブログを始めたからですが、面白いですね。

何も考えずにあちこちのサイトに登録してしまいました。
調べたいことはすぐ検索できるし、買い物は便利だし、私の好きな恐い話もタダで延々と読んでいられるし、何か問題があるのでしょうか。
ただね、長年ネットをやっている家族が恐ろしさについて色々脅しをかけるのね。
確かに息子は海外から膨大な量のメールが来たりして、それは被害と言えるかもしれないけど。
その時も契約している会社が対処してくれたし、何も問題はないではありませんか。
そもそも始めから疑ってかかっているからそんな目に遭うのよ。
私なんて始めから好印象をもっているので何の被害もありません。

もしかしてサイトから送られてくる大量のメールが被害だというのかしら。
だってしょうがないでしょう自分が登録したのだから。
向こうだって商売です。
新聞のチラシならね、片付けなければならないから人的な作業が発生するけれど指一本で削除できるではありませんか。
検索したサイトからどんどん広告が送られてくるけれど、これが気持ち悪いと言われればそうかもしれない。
でも私はなんて親切なんだろうと思ってしまうのね。
極め付きは私のブログですよ。
家族が入念にチェックして、固有名詞が入っているとか誹謗中傷にあたる表現があるとかうるさいこと。
ブログには言論の自由はないのですかね。
誰が見ているかわからないのだから細心の注意が必要なんだそうです。
じゃあ私のブログを何万人の人が見ているのかと言ったら、そんなもの身内以外に見るわけ無いだろうという答えが返ってきました。

«
»