まちづくりの発展

まちづくりは都市の未来発展、都市の構成と総合的な配置を研究して、町管理の大切な組合部分です。
まちづくりはどの国か民族でも自分の特別知識の構成の一つとして、まちづくり計画、まち建設と運行、三つの管理段階があります。

まちづくりは人類社会経済文化が一定の段階に発展した産物です。
学術界がまちの起源の原因と時間についての議論がまだありませんが、一般的にまちの生みの基本条件は社会生産力が人の基本生存の要求を満足する以外に、何か残ったことです。

町は一定の地域範囲以内の社会政治と経済、文化の中心となり、人類文明史の進歩です。
町の発展は人間住む環境がますます進化する過程だけではなく、人間が住む環境の計画過程です。

街づくりの情報をインターネットで発信することも非常に大切ですね。
住民や関係者に広く知ってもらうことは、より良い街づくりには欠かせないものです。
住民目線での意見を貰えたり、企業誘致を目指すならば、補助金や助成金などの情報も発信すると良いでしょう。

街のサイバーコミュニティとして、インターネット上でSNSを立ち上げることもいいですよね。
子育て支援には、多くのママの意見集約や情報交換は、インターネットでは大変有意義なものです。
普段、外出が出来ない乳幼児を持つママには、インターネットが外界と繋がる手段でもあるのですからね。

インターネットの閲覧とSNSの活用

SNSのLINEやFacebookの無料通話のお陰で、疎遠となっていた友人と再会できたり、電話料金を気にせずに話ができるようになった。
また、自分が興味を持っている内容のことの友人関係が増えた。

5つあります。
1つ目は、体調管理と医療・福祉体制とが連係してほしい。
たとえば、急病時に、心拍数・血圧・眼圧などを計測でき、そのままデータで転送できれば、救急車を呼ぶ前や到着までに「最適な対処」が容易にできるようになる、と思う。
2つ目は、緊急時用の本人の情報で「連絡してほしい先」などに一斉送信できるような仕組みをわかりやすくしてほしい。
母が亡くなった時に、携帯電話内の電話で連絡するべき相手が分かりにくかった。
「友人・家族」といったカテゴリで想像をつけましたが、大変な作業でした。

3つ目は、ナビの高度化。
スマホで使用できるナビは、地図などが最新で使用しやすいのですが、スマホを見ながら使えない。
自転車などの運転時は特に事故に繋がるため、途中で停車してナビを確認しています。
スマートグラスなどと連動して、進むべき方向に矢印がでてほしい。
4つ目は、発電装置を内蔵してほしい。
充電が不要となることはもちろん。
夜間や災害時にはライトとして長時間の使用ができるようにしてほしい。
5つ目は、聴覚障害の友人が、救急車をFAXや入力項目の多いメールサービスに頼っている。
緊急時の不安を常に漏らしている状態です。
手話を文字にしたり、文字を手話に自動変換するようなものを作って欲しい。

«
»