遠距離でも近い関係に

私は両親の家から離れた場所に今暮らしている。
しかも姉が暮らしている場所も、兄が暮らしている場所も本当に遠い。
家族だけならまだしも、学生だった頃の友人も遠く離れてしまった。

こういうことを考えると今あるインタ-ネット通信手段に感謝せずにはいられない。
現在ではお互いパソコンにそのソフトをもっていればただでテレビ電話ができたり、わずかな通信費で会話ができたりする。

海外であっても同じことが言える。
それゆえ遠くで暮らしていてふと家族が恋しくなったり、何かニュ-スがあったりするとパソコンを早速開いて電話をしてみる。
本当に便利な時代になったものだ。

意外に遠くに住んでいる方が家族の様子や友達の近況を知ることができたりするのだから不思議なものである。
しかも近くに居たときは素直に言えなかった言葉も、離れてみてこうした通信ソフトを通してだとはっきりと伝えられたりすることもあり自分自身に驚いてしまうことがある。

こういった最近の通信ソフトを利用しはじめてからは、近くに住んでいさえすれば家族や友達のきずなが強くなったり自然と保てるわけではないかもしれないなぁ、と思うようになった。
ともかくどんな方法でも家族や友達と何度もコミュニュケ-ションをとりやすくなったことは非常に嬉しいことと言えよう。

おみやげショップ

この度少しの休暇をとって普段では過ごせない雰囲気の観光地へとリフレッシュしに向かいました。
レンタカ-を借りて名所を満喫したあとは、もちろん自分と友達へのおみやげだって購入したくなります。

それで時間が限られている中、おみやげショップの集まる通りへと興奮ぎみにくりだしていったのですが、今更ですが観光地にはどうしても似通ったものがどの店にも置いてあり、一体どの店で品を買うかなかなか決定できないものです。

そしてどれもこれも同じような品を売り出しているその店たちが隣あい、ひしめきあっているものですから、多くの観光客がどのようにしてみやげ品をどこで購入するか決めているのであろうと不思議でならず、思わず遠目に考察までしてしまって、思ったより長い時間その通りを歩き回るはめになってしまいました。

見ていると食べ物のおみやげ品がおいてある所では、やはり試食の置いてある店に人が常にたくさん入っていました。
この試食なんですが、必ずしもやるべきことではありません。
試食として提供した食材を金額に換算して、売上の比率が出せないようならば、マーケティングとしては意味が無いのです。

単純に奉仕サービスならば別ですが、どんぶり勘定ですと、必ず良いように解釈するので、伸びる売上も頭打ちなんですね。
ですから、試食にもしっかりと意味を持たせたいものです。

お金が空から振ってきたら…
年末ジャンボ宝くじの情報提供
年末ジャンボだけでなく年間で販売されるジャンボ宝くじの情報はコチラの速報サイトで十分。買い方指南も公開中。
www.hpfree.com/engeki/
関連:www.marais-poitevin-aria.com

«