目上の人に自分の意見を聞いてもらうには

目上の人に自分の意見を聞いてもらうには、まずは、そのタイミングを選ぶことです。
上司や目上の人の様子をよく見て、都合のよさそうなタイミングを計ります。場所にも気を付けましょう。

「○○について、御相談したいことが…」と、目的を簡潔に伝えましょう。
そして相手を立てながら話を進めましょう。自分の考えも明確に提示します。

質問する時は単刀直入にならないように気を付けます。
「このように考えていますが、いかがでしょうか」など、お伺いを立てるような遠回しな聞き方の方がいい時もあります。
 
意見を聞いてもらうだけでなく、事後報告とお礼を忘れないことも大切です。
目上の人に意見を聞いてもらい、その意見が通れば、仕事のやりがいにつながります。
話し方次第で結果が変わりますので、丁寧な言葉遣いや、その場の雰囲気を読むことも大切です。

ただし、人によっては自尊心のために、わざと態度を悪くする上司もいるとか。
残念ながら、部下は上司を選べない会社のほうが多く存在します。
相手に合わせなければならないことが苦痛に感じる人は、組織内の歯車としての働き方はストレスの原因になります。

そのストレスが暴飲暴食や喫煙量の増加、アルコールの過剰摂取などを引き起こしで、体調を崩していくのがパターンですね。
中には、上司を評価するシステムを取り入れている会社もあるそうで、もっと広がればいいんですけどね。

話は変わって、高速バスの車内では禁煙のための電子タバコは使っていいのでしょうか。
イライラヲ抑えるために一本持参したいのですよね。

女性マネージャー
派遣型業務は出先で勤怠管理へアクセス
派遣先での勤怠入力が紙ベースだと不正が発覚しやすいのが現状。iPadやスマホの入力画面からの打刻に変更。
biz-work.jp/
関連:www.sheboygan-homes.com

«