親から離れる子供

今、「親離れ」というとキレイな言い方かもしれませんが、親から気持ちごと離れていく子供が増えてきています。
どうして親から離れるのでしょうか。

親は「子供の為」と思って接していることが、返って子供の重荷となりストレスを感じてくることがあります。
こういう子に育ってほしい、そう願うのは悪くありません。

ただ、親の思い通りにならないとき、「どうして」「なんで」などという言葉を使って子供を責めます。
「どうしてできないの?」「どうしてそんなことするの?」と問いただしたところで、子供が答えを持っていることは少ないでしょう。

もう、この質問をしている時点で、親の視野の狭さと心の許容量が推量れますよね。
自分のレールが安全だ、なんて思っているのでしょうが、そのレールは親の現状よりは高みには行けないものです。
そもそも年齢を重ねただけで、未熟さも自覚出来ていない大人が、子育てなんて出来るわけがないのです。

ただ、残念ながら、20才を超えれば、未熟だろうがなんだろうが、「成人」として認知されることには変わりはありません。
社会にもまれて未熟さを脱出していくわけですが、年齢だけを盾に、全てを知り尽くしたような顔で闊歩する人もいるのです。
うまい具合に社会というのは、そうした未熟な大人は、それなりのステージしか用意をしていないんですよね。

子どもが世間を知って、親から受けた知識や知恵だけでは、到底足りない事を社会が教えてくれるものです。

自然豊かな石垣島でダイビング学習
安全に楽しく快適に石垣島でのダイビングを楽しんでいただけます
www.blue-water-divers.jp/

石垣島ダイビング

«
»