長時間パソコンを使うと脳発育に障害する

現代社会が高速で発展するため、パソコンはますます生活の一部分になって、国民の生活や勉強、仕事など、全部パソコンが必要となっています。

子供は3歳までパソコンの使い方を学ばないと、将来仕事を探しにくいでしょうと考えている人がたくさんいます。
それに、こんな考え方を持っている人が増えています。

しかし、アメリカの家庭教育専門家、教育心理家は研究により、7歳以下の子供にパソコンを接触させないほうがいいとおっしゃっています。
パソコンは子供の脳発育に大きな障害があるから、親たちが子供のパソコンを使う時間を制限すべきです。

パソコンは、子供の注意力、言語力、体の機能の発育、他人とのコミュニケーション能力などに悪い影響があるからです。
あくまでもパソコンは道具であるという認識を持たせたいものですね。

便利だから絶対に使いこなさないと生きていけない、とまで思い詰めている人もいるようですが、非常に依存心が高く見えて、正直、怖いですよね。
使いこなすための利用は、目的がなくいじっているのと同じです。

もしくは独り善がりの便利さを求めてしまい、他人と少しでも意見の食い違いが見られると、猛然と抗議し出すという狭い範囲でのモノの観方に終わります。
コミュニケーションはパソコンがなくても可能ですが、あれば便利であるという考え方ですね。

パソコンが無ければコミュニケーションが取れない、という考え方は、少しズレているのではないでしょうか。

優良サイトのホスティングは1stレンタルサーバー
子ども向けの優良サイトを安全に運営した方にピッタリのレンタルサーバー
www.1strentalserver.com/

«
»