健康CMでやる気が出る

健康食品や健康飲料などのCMを見ていると、それだけで爽やかな気分になるのは不思議ですよね。

もちろん、イメージとしては「明るい」「楽しい」「強い」「いきいき」「若々しい」などの形容に相応しい構成になるのでしょうが、消費者は健康維持を願う人ばかりではありません。

なかなか相談しにくいこともあるでしょう。
例えば、社会病として浸透してしまった、うつ病などの精神疾患は、信頼のおける人に打ち明けることさえも躊躇うものです。

特に昔は治療法が確率されておらず、専門医も不足していたでしょうから、身体を縛り付けて厄払いをしていたというウワサもありますよね。
無知というのは怖いものです。

そうした精神系の病気は、専門医の治療がベストであり、回復への最短距離です。
市販薬は見たことが無いので、医師の処方箋による投薬治療しか許可していないのでしょう。
それほど、デリケートさが求められるのではないでしょうか。

一方で、男女の性差に関わる悩みも多いものです。
特に女性は、乳がん、子宮がんなど、若年層にも発症することが珍しくありません。
しかも再発の可能性も低くないという、非常にやっかいな病気のリスクを常に負っていることになますね。

男性の場合は、脱毛症やEDに悩む人が多いでしょう。
脱毛症の場合の対策はたくさんありますが、EDに関しては、内臓疾患から派生するケースもあるそうです。

医学系文書の英語翻訳受付中
専門的なジャンルの翻訳はオールマイティに受け付ける上場翻訳専門会社のホームページ
www.honyakuctr.com/

スキルアップの合宿プラン
企業内スペシャリストの養成や役職登用のための宿泊集中セミナー開催などご相談ください
www.tabiplan.co.jp/

»