湿度コントロール方法

冬は夏よりも空気中の湿度が低く、乾燥しています。
その上エアコンで部屋を暖めるとなるとさらに湿度は下がり、ひどい時には30%を割り込むことも珍しくありません。

インフルエンザ対策には加湿が必要だと言われているのは、空気が乾燥しているとウイルスが体内に侵入しやすくなってしまうためです。

そこで湿度を上げようと加湿器などを使うことになりますが、加湿しすぎるとカビが繁殖してしまいかえって健康によくありません。
湿度調整機能付の加湿器を使用すると便利です。

観葉植物は自然に湿度を調整してくれるので、加湿器のように加湿しすぎがありません。
また、室温を下げると必然的に湿度は上がりますので、少々肌寒い程度は衣類で対応し、室温を下げるという方法でもいいでしょう。

まずやることは、部屋に湿度計を置くことから始めたいですよね。
ショッピングセンターには、そういったアイテムがたくさんありますから、安いものを買っておくのです。
湿度を知らなければ対策の打ちようがないです。

にもかかわらず、すぐに加湿器を買うという発想は、本質的な対策ではなく対処療法でしかありません。
時期が終われば物置に収納しなければならず、活躍する期間と投資コストが釣り合わないものです。
が、主婦はそうした金銭感覚はありませんので、仕方がないことなのでしょうかね。

という記事を見て、非常に憤慨した記憶があります。
主婦に金銭感覚が無いのではなく、無い人もいる、という書き方をしてほしかったものです。

ショッピングカート
シッョピングカートの金銭処理
ネットショップ運営者様に必要とされる機能を多く搭載
www.shopmaker.jp/
関連:www.theautomaticagency.biz

湿度高めの石垣島でダイビングが爽快
石垣島の暑さを感じて豪快にダイビングを楽しむ。ライセンス取得も少人数制スクールで。
www.blue-water-divers.jp/

»