受験・進学

お受験や有名校進学は、よそ様のことと考えていたけれども、ある日、妻が娘の将来について問い詰めてきた。

この子の将来をどう考えているのかと。
どうといわれても、正直なところ具体的に考えたこともないので、なんらビジョンは持っていない。

さらにいうと、本人次第だと考えていた。
「5歳の子に自分の将来が描けるわけないじゃないの。」
「道筋は示してやらないと。」

確かにおっしゃるとおりである。
それが親の務めというものなのだろう。

自分を反面教師として、子のこの将来を夢多きものにしてやらなければいけない。
ただ、将来のというものは不確定要素が多すぎるし、どうしても我々親が経験したことしか明確にレールを示すことしか出来ないのは、テメリットであると思う。

単線よりも複線の方が、選択肢としてベストなレールを選べるが、選択肢が無いということは、夢を追いかけることさえも不可能となるケースもある。
お受験を通して何がしたいのか?

妻はこのことについては一切触れていない。
周りがそうだから、という周囲迎合的な理由ならば、とことん議論する必要がある。

単純に娘を利用した自己満足でしかないのは見えている。
くだらない見栄のために、子ども人生を利用するのは、親としてもやってはいけないことだが、近所付き合いという狭い枠の中でしか考えないクセが付いてしまったのかも。

禁煙中なので、電子タバコをくゆらせながらボンヤリと考えていたのだが、お受験という呪縛から解放する名案は無いものだろうか。

大学受験に高速バス宿泊パック
受験には宿泊ホテルも同時に予約可能な宿泊パックの利用が便利。
www.489.fm/
受験も高速バスを利用
関連:www.f1formulauno.com

専門性の高い翻訳サービス
需要の多いゲーム翻訳・マンガ翻訳などの新しい分野へも積極対応
www.honyakuctr.com/

«